2010年03月18日

<もんじゅ>地震での重大な影響なし 原子力安保院作業会合(毎日新聞)

 高速増殖炉もんじゅ(福井県)の耐震性を審査する経済産業省原子力安全・保安院の審議会の作業会合が11日開かれ、活断層などの想定は妥当で、地震による安全上重大な影響はないと結論づけた。前回の4日の会合では、運営する日本原子力研究開発機構の説明が不十分で結論が持ち越されていた。保安院は15日にも開催される内閣府原子力安全委員会に報告書を提出し、同委員会が改めて妥当性を検討する。

 もんじゅは95年のナトリウム漏れ事故から停止中。事故後の改造工事などの対策は国の評価済みだが、西川一誠知事は、同委員会を経て国の耐震性評価が完了することや、経産、文部科学両相との3者協議などを運転再開了承の前提として求めている。【山田大輔】

【関連ニュース】
もんじゅ:運転再開を容認 原子力安全委
もんじゅ:評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT
高速増殖炉「もんじゅ」
特集:高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり再開へ 最終処分場、めどなく
特集:高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり再開へ 宮崎慶次さん、小林圭二さんの話

東ティモールPKOの川上氏急死(時事通信)
<札幌ホーム火災>居間のストーブから洗濯物に引火か(毎日新聞)
子ども手当と高校無償化 居住地重視で問題広がる(産経新聞)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取(産経新聞)
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける−警視庁(時事通信)
posted by コウダ ユウジ at 03:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)

 富士山の噴火でできた溶岩トンネルの中でも最古級で、静岡県三島市のJR三島駅北口の地下に広がる「三島風穴(ふうけつ)」が今月下旬にも埋めたてられる。工事を行う静岡県三島市によると、風穴の真上に市道を造るため、推定約3000平方メートルある空洞の半分をセメントなどで充てんし、地盤補強する。風穴に対する学術調査は実施されていないが、溶岩が生み出した貴重な鍾乳石などが残され、火山学の専門家から「工事前に学術調査すべきだ」との声が上がっている。

 三島風穴は、噴火で流れ出た「三島溶岩流」の最南端にあたり、富士山周辺で100以上確認されている風穴の一つ。1万数千年前にでき、総延長は分かっているだけで約300メートル。1953年に発見され、86年に日本火山洞窟(どうくつ)協会(現・富士火山洞窟学研究会)が実地調査した。長年かけて形成された「溶岩鍾乳石」などがそのまま保存され、市街地に残る洞窟としても全国的に希少という。

 かつては製薬会社の敷地内にあり、会社の移転に伴って05年、三島市函南町土地開発公社が公共用地として買収した。市によると、風穴の内部で崩落が確認されたため、道路工事に先立ち、今月内にもセメントと粘土質の資材で充てんする工事を始める。市建設部は「安全を期すのが第一の目的。手当てをしなければ風穴の真上にある既存の道路も崩落する恐れがある」と緊急性のある工事だと説明している。

 一方、今年2月に風穴を調べたNPO法人「火山洞窟学会」(事務局・東京都)の立原弘会長は「埋める前にきちんと全容を調べ、残すべきところは残してほしい。教育的な価値もある」と指摘。山梨県環境科学研究所自然環境・富士山火山研究部の輿水達司部長も「山梨県側の富士山北麓(ろく)では三次元解析など最新の手法を使って風穴を調査している。調査前に埋めるとは信じられない」と話している。【安味伸一】

<訃報>ピーター・グレイブスさん83歳=米国の俳優(毎日新聞)
海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
東北で強い揺れ 福島で震度5弱 緊急地震速報発令(産経新聞)
宗男氏「首相側近は政治オンチ」(産経新聞)
サリドマイドの副作用解明=手足の成長たんぱくを妨げ−東工大など(時事通信)
posted by コウダ ユウジ at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)

 新潟市美術館で展示作品にかびが発生したり、企画展示室でクモや昆虫が確認されたりするトラブルが相次いだ問題で、篠田昭市長は8日、北川フラム館長を更迭すると発表した。

 篠田市長は、同美術館で4月24日から開かれる企画展「奈良の古寺と仏像」を前に、「仏像展を確実に成功させるため、非常勤の北川館長は3月31日の任期満了をもって職を解き、新年度から常勤館長を置くことにした」として、同館のこれまでの管理体制を問題視したことを示唆した。

 北川氏はアートディレクターとして国内外の美術展、芸術祭のプロデュースを数多く手がけ、同市でも09年7〜12月に開かれた「水と土の芸術祭」のディレクターを務めた。07年4月から館長を務めていた。【小川直樹】

【関連ニュース】
<第一報>新潟市美術館、土アートでジメジメ 水気でカビ?発生(2009年7月31日夕刊)
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生
<ウィーンの美術館>地下に性風俗店、市長は反対
<美術館の話題>ヴェネチア仮面祭 箱根の美術館で31日まで
<更迭人事>道警:枝幸署長をセクハラ行為で更迭

朝鮮学校、無償化検討 個人崇拝の実態無視 教科書で金父子・先軍礼賛(産経新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
<放射性廃棄物>ポリ袋に入れたまま仮置き 六ケ所村工場(毎日新聞)
小沢氏「潔白宣言」に疑問(産経新聞)
山口組系元幹部、出資法違反容疑で逮捕 事務所を捜索(産経新聞)
posted by コウダ ユウジ at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。